2005.03.27

MIAレポートVol49:最終回・総集編

「アリゾナの魔法」、最終回。
これまでのさまざまなVTRを振り返ります。

長井秀和のスカイダイビング初挑戦(Vol.12)
槇原敬之のスキューバダイビングin沖縄(Vol.17)
上戸彩の保育士初体験(Vol.37)…「正月には親戚が安心して子供を自分に預けてくれました」
後藤真希、シロイルカと共演(Vol.14)
藤井フミヤが居合いに挑戦in日本武道館(Vol.31)
Gacktがウェイクボードに初挑戦(Vol.11)…「ハマったね。去年だけで湖に3回、海には5回行った。あと2年で大会には出られるかな」

松浦亜弥がゾーブで回りまくり(飯島直子も)(Vol.28)
ゴスペラーズ村上、足裏マッサージに絶叫(Vol.33)
パク・ヨンハ&飯島直子の韓国デート(Vol.20)
hyde(L'Arc-en-Ciel)、北の国にて(Vol.1)
GLAY、インディーズ時代のライブハウスを訪ねる(Vol.41)
ゆず、アーチェリーの山本選手と共演(Vol.24)

夏川りみが京都で歌う「涙そうそう」(Vol.5)
CHEMISTRY、韓国のアーティスト「ナオル」と歌う(Vol.27)
トータス松本、思い出のバイト先で歌う「ワンダフル・ワールド」(Vol.40)
広瀬香美が母校で在校生と「愛があれば大丈夫」(Vol.38)
女子十二楽坊の「川の流れのように」(Vol.18)
槇原敬之、飯島&山口とコンサートで「どんなときも。」(Vol.35)

そして最後の(?)新型ヴィッツ長編CM。アントニオ氏、最後の大仕事お疲れ様でした。

4月からはhitomiとYOUとガレッジセールによる新番組が始まります。
見て面白そうだったらレポートしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

MIAレポートVol48:鈴木雅之「トリマー体験」

「アリゾナの魔法」、第48回。ゲストは鈴木雅之。デビュー25周年だそうです。

まずは、「デビュー以来体型が変わってない」ことを検証すべく過去のVTRを見ます。
「ほんと変わってないですねぇ」という声に、

鈴木「て言うかさぁ、さかのぼってった方がオヤジだよな」(笑)

仕事上、サングラスは外したことがないそうです。
ソロデビュー時のコンサートで、スタッフに「外して客席に投げたらカッコいいですよ」と言われてその通りにしたら、

客がよけた

とか。別の意味でインパクトのある出来事でしたね。

スイーツが大好きだという鈴木さん。
「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」という店のグラスデザートがお好みとか。

鈴木「ホテルのジャグジーがあるようなバスルームでワインと一緒に置いとけるじゃん」

イメージしにくい光景だ…。

「犬が好き」という話題に(いよいよ本題に近付いてまいりました)。
飼ってるのは雌のパグで「あんこちゃん」という名前だそうです。色黒だから。
雄だったら「黒蜜」にするつもりだったとか(さすが甘党)。
ペットショップでの犬の売れ筋ベスト3が発表されました。…どれも高いですねぇ。
更に、「犬と一緒に入れるレストラン」というのも紹介されました。でもそのレストランは「一緒に入れる」だけで犬用のメニューはないそうです。
そして、犬向けのネイルサロンまで!…そこまでする必要あるんかいと思っちゃいますが。

いよいよプランに入ります。今回は、「トリマー体験」を強制されたそうです。普通はリクエストに応えるんですが…。
原宿にある「DOGAT」というお店に、行かされました。
エプロンを着て、犬の爪切りをしたり、シャンプーをしたり、毛のカットをしたり。

山口「最後は何だかトップブリーダーって感じでしたねぇ」(笑)

最後は、菊池桃子とデュエットした「渋谷で5時」のPVを見ます(懐かしい…)。
鈴木さん、喫茶店でクリームソーダを注文。とことん甘党です。

ライブコーナーはこちら。

君を抱いて眠りたい
鈴木雅之 松井五郎 大野宏明 UZA
ERJ 2004-11-17


by G-Tools

今週も、ここでヴィッツの長編CM。
番組を楽しく見ていた夫婦。「鈴木さんの食べてたスイーツおいしそうだったよねー」とか何とか。
そして「明日は結婚記念日なのに…」とぼやきながら床につく妻。
で、前回同様その夢にアントニオ氏現る!ヴィッツの魅力をPR。
翌朝起きると、旦那が新型ヴィッツで出かける用意をしてました。
そして2人でレストランでの食事を楽しみましたとさ。
最後のカットに小さく「飲酒運転は絶対にしないでください」と書いてあったのが何だかなぁ。(笑)

次回、ついに最終回。秘蔵VTR公開だそうです。
いろいろと試行錯誤の末、1年で終了とは残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.13

MIAレポートVol47:島谷ひとみ「春を先取りドライブ」

「アリゾナの魔法」第47回。ゲストは島谷ひとみです。
そして今回の放送は、ある別の意味も持っています…。

冒頭、島谷さんの実家から送られてきたという牡蛎(とても大きい)を焼いて食べます。焼肉のたれをからめて食べるのが島谷流。

昨年末に運転免許を取ったという島谷さん。
プライベートの友達(とは言え芸能人らしいが)と南房総へドライブに行くことになりました。

乗った車は新型ヴィッツ。(←スポンサーの意向)

同乗者は「FLIPFLAP」の2人(とりあえずファンサイトにリンクしておきます)。
朝の7時に海ほたるを出発。「どこ行ったらいいの?」とか言いつつも、アクアラインを走ります。
料金所では「あれ、どこの信号入るの?」…大丈夫か。何とか千葉県に入ります。
そして分岐点で方向を間違えたりしつつも突っ走ります。
車内はカラオケ大会状態。なぜかglobeの歌が多かったり。

高速を下りて、イチゴ狩りセンターで30分食べ放題を楽しみます。どの粒もでかい!
「房総フラワーロード」という道を走ります。沿道に菜の花が17km植わっているというきれいな景観です(夏はマリーゴールドに切り替え)。

次なるポイントは、「セルフ給油所」。
給油口と間違えてボンネットを開けてしまったり、支払い方法を選択したらすぐにもノズルからガソリンが出てしまうかと勘違いしながらも無事に給油成功。(笑)

「広島弁で『私、すごくあなたのことが好きだよ』ってどう言うの?」なんて話で盛り上がりながら、次に着いたのは船形漁港。
水産市場では8kgの巨大なタコをさばいてもらって刺身でいただきます。
更には透明感たっぷりのヤリイカや、特大ホタテ焼きと特大アサリ(ハマグリではない)焼きを楽しみます。

で、なぜか夜になって「オフロード」に挑戦。どこのコースなのかはよくわかりませんが、使ってる車がランドクルーザーらしいのはわかります(←スポンサーの意向)。
起伏に富んだデコボコ道を強力な4WDで突き進み、ご満悦。感覚は絶叫マシンみたいなもんでしょうか。

ライブコーナーは、アルバム

crossover
島谷ひとみ shungo. 中野雄太 BOUNCEBACK

おすすめ平均
今までとはまた違う!!
なかなかの聴き応え。歌唱力抜群ですね。
POPSとCLASSICなどのcrossoverらしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

より「I will」。

さて、ここで珍しい1.5分CM。
番組内容とリンクして、「私もドライブ行きたいなぁ」とぼやきながら床についた女の子。
その夢にアントニオ氏が登場(しかもしゃべる!)、新型ヴィッツの楽しさを伝えるというものです。
トヨタもえらい力の入れようです。

次回は鈴木雅之がトリマー初体験。犬の毛を刈ったりシャンプーしたりと奮闘します。

※芸能人の名前なら確実に一発変換してくれるATOKには感謝感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

MIAレポートVol46:女子十二楽坊の北京案内

「アリゾナの魔法」第46回。

「夏祭りを楽しまれた女子十二楽坊の皆さんから、北京の丸秘VTRが届いています」ということで、スタジオには来てません。

人数が多すぎるからか、2チームに分かれてのロケとなります。
まず「おねえさま組」(なんつーネーミングだ)の6人は、「老舎茶館」という喫茶店へ。優雅に中国茶をいただきます。
この店の3階には観劇を楽しめるステージがあり、京劇なんかが楽しめます。

続いて、「やんちゃ組」の6人は、後海という地区を歩きます。カフェバーがいっぱい建っています。
…今回は総計12人ですね。まあそれはさておき。
湖が凍結してて、ソリで遊び始めました(夏はボートが使えるそうです)。
2人乗りのソリが3組。突如レースが始まります。遅かった組は「組み合わせ変えてよー、後ろが重いんだよ」(笑)
遊び終わったら北京ダックの店に行きます。
「まいうー」とか言いつつ(いつ覚えたんだ)、舌鼓。
次に、「飲んで歌って踊れる楽しいところ」に行きます。ダンスフロアがあったり、カラオケのフロアがあったり。確かに「歌って踊れる」店だ。
何と、中国のカラオケマシンは「曲名の画数」で選曲をするそうです(音じゃ多すぎるからか?)。
歌って楽しむ映像で一旦VTRは終わります。

スタジオに戻ると、なぜか北陽が女子十二楽坊風の衣装で登場。
スタッフ全員で北京ダックをいただきます。砂糖まぶしたり、ごまパンにはさんだり。

再びロケVTR。
やんちゃ組が夕食を楽しみます。料理の種類が多く、日本料理まであるという巨大食堂。モンゴルのショーも楽しめます。
おねえさま組は、六本木みたいな雰囲気の地区にあるバーでカクテルを楽しみます。

最後は全員でお土産を選び、スタッフと視聴者にプレゼントとなりました。

ライブコーナーは北京にて、

敦煌 (DVD付)
女子十二楽坊

キングレコード 2005-01-26
売り上げランキング : 648
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

より「流転」。

次回は島谷ひとみが免許取り立てでドライブに挑戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MIAレポートVol45:河口恭吾「沖縄で三線の修行」

「アリゾナの魔法」第45回。ゲストは河口恭吾です。

今回は沖縄ロケがあったのですが、まずはそれを流す前に「春の沖縄観光の目玉」みたいなVTRが出てきました。

・座間味島近海でのホエールウォッチング
・石垣島の特産「石垣牛」
・西表島の温泉

の3つが紹介されました。
そして石垣牛のステーキを出演者全員でいただきます。何と、180gで5000円。

今回のプランは「三線レッスンツアー」。
「1曲でいいから弾いて歌えるようになりたい」ということで、まずは三線の店に行きます。
店の主人が弾くのを見て、見よう見まねで適当に弾いてみると…何か結構それっぽく聞こえます。

主人「津軽の三味線をやってらっしゃるんですか?」
河口「いや全然」

ここで5万円する三線を購入して、指導してくれるおばあちゃんの所に行きます。
民謡の「安里屋ユンタ」を教わることになりました。
一通り聞いて「難しい…」とこぼしつつも、練習に励みます。

途中でおばあちゃん、最近まで大病を患っていた話を始めます。今は回復して
「こうして桜さんにも出会ったわけよ」
…河口さんです。

おばあちゃんの自宅に移動して、更に練習です。

「ちょっとコツを教えておこうね。
 歌い始めたらね、三味線聞く人いないのよ。
 声でごまかせばいいさ

すごい極意だ。(笑)

練習が済んだら、晩ご飯に行きます。
案内された料理屋さんには、親族や近所の方が集まっていました。
歌に合わせて思わず踊り出す河口さん。

ここで練習の成果、「安里屋ユンタ」を披露します。皆さん大喜び。

スタジオではおばあちゃんからの手紙が読まれ、河口さんじわっと来た様子。「また石垣島行きたいです」みたいなコメントを返しました。

ゲストライブはこちら。

夢の真ん中/胸の言葉
河口恭吾 河口京吾 武藤良明

おすすめ平均
曲の雰囲気がいい
ニューフォクサウンドの旗手 河口恭吾が紡ぐ夢物語
水曜日の朝に続く名曲
力強く、優しい
力強く、優しい気持ちになれる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

次回は女子十二楽坊が北京で遊ぶ(地元ロケか)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.23

MIAレポートVol44:工藤静香「強い女になりたい」

「アリゾナの魔法」、第44回。ゲストは工藤静香です。

仕事と家庭の両立について…
「自分が子供に後ろめたさを感じたくないんですよ」
と、かなり育児には一生懸命な様子。
そんな工藤さんも、昔は

「メチャメチャな自分が楽しくてしょうがなかったので結婚する気がなかった」

とか。

ここで例によって過去のヒットメドレーのVTRとなります。が…

最後はなぜか虻川がものまねで「嵐の素顔」を熱唱。

なぜこれが必要だったのかは謎です。

飯島さんとは「DAISUKI」という番組で知り合ったんだそうで、以来大親友なんだとか。
今回のプランは、そんな2人の

ムエタイ修行。

台東区にありますジムで練習することになりました。
講師はインターナショナル女子ムエタイ ライト・フライ級王者の渡邊久江選手(24)。

練習前に、両手にバンデージを巻きます。

渡邊「殴るの得意なんですよね?イメージ的に…」(←飯島に対して)

よく元ヤンだとか何とか言われてるのは伊達じゃないですね。

シャドーボクシングしたり、サンドバッグでの練習をしたり。
しかし、一挙手一投足に「ヤンキーっぽさ」を強調される飯島…。

練習が済んだら、ピザの店で打ち上げです。
「子育てと仕事」「女性の幸せ」(まあこれは番組が後付けしたテーマですが)など熱く語り合う2人でした。

ライブコーナーは新曲。

Lotus~生まれし花~
工藤静香 山口寛雄 愛絵理 中野定博

ポニーキャニオン 2005-02-16
売り上げランキング : 1,041

おすすめ平均
歌は抜群
3回聴くと良さが分かるかも

Amazonで詳しく見る by G-Tools

次回は河口恭吾が春の沖縄で三線に挑戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.22

MIAレポートVol43:大塚愛「イルカのトレーナーに挑戦」

「アリゾナの魔法」第43回。ゲストは大塚愛です。

「さくらんぼ」他の曲についてさらっと触れた後、ライブコーナーではこの新曲。

黒毛和牛上塩タン焼680円
大塚愛 愛 Ikoman

おすすめ平均
おいしそうな曲名にひかれて
遊び心があるラブソング
お気に入り

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タン塩でラブソング書けるのはこの人くらいでしょう。うん。

トークではこの曲にちなんで、大塚さん行きつけの店「炭火焼市場 のて」より680円の塩タンを取り寄せ、その場で焼いて食べてました。
更に、新橋「旺幸苑」の特選厚切り生タン塩3000円も現れました。これがなかなか飲み込めず、カメラはただただもぐもぐしている大塚さんを撮り続ける…。

秘蔵写真をネタにトークします。
4歳でピアノの練習をしている写真を見ながら…「未だに楽譜読めないです」と大塚さん。作曲するのに、書くこともできないそうです。頭にためといて、弾いて、録音でもするんでしょう(でないと残せないよな)。ピアノを習ってた頃も、先生が弾くのを見て聞いて覚えたそうです(それはそれでスゴい)。

ホラー映画を「笑えるか」で評価する大塚さん。「貞子がんばって!」とか思っちゃうそうです。そんな楽しみ方をする大塚さんと一緒に、全員で

呪怨
奥菜恵

by G-Tools

を鑑賞します(時間かけた収録だな)。…怖がりながらも笑う大塚さん。

さて今週のプランは(やっと本題か)、「イルカのトレーナー体験」。
場所は横浜八景島シーパラダイスです。
まずイルカショーを普通に見てから、いよいよトレーナーの側に回ります。

エサのやり方から習います。頭から飲み込めるように投げてやります。
次に、イルカを左右に移動する指示を覚えます。きびきびしないと従ってくれません。実際、1頭が別行動したり。(笑)

3頭にジャンプしてもらう指示を練習します。…ジャンプじゃない演技に入ってしまいました。3回目でやっと成功。

ステージでのリハーサルをします。大塚さんがイルカを呼んで、8頭のジャンプを仕切らなければなりません。指示は3人で出すのですが、彼女が基準になって「せーの!」と他のトレーナーにも指示するわけです。

ついに本番。イルカを呼んで、移動をさせます。そしてジャンプの指示…1匹よそ見してる!?けどきちんと指示通りに動いてくれて一斉ジャンプは大成功でした。
ちなみに、観客はいませんでした。

次回は工藤静香がムエタイに挑戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.11

MIAレポートVol42:TMR西川貴教「2005年、大開運の旅」

「アリゾナの魔法」、第42回。ゲストはT.M.Revolution西川貴教です。
まずは持ち歌のVTRで過去を振り返ります(すっかりパターン化してきたな)。
なぜかVTR中、結婚や離婚に関するテロップが入ってきて大笑い。

しかし何ですね、今回の彼の髪はブラックジャックみたいな半金半黒の染め分けです。

今回のプランは

とても寂しい西川様の為に 2005年大開運プラン

だそうです。
ロケVTRは、高田馬場駅からスタート。時刻は朝の8時半。予約がなかなか取れないというカリスマ占い師・摩弥先生に予約できたのがこの時間だったということで…。
タロットで西川君の2005年の運勢を占います。

「お仕事が、ある意味のってくる時です」
「国内だけでなく、海外でも活躍できる兆しが出ています」

仕事に関してはなかなかいいみたいです、が…。

「ただね、ちょっと気になるのは、体力が弱めの時ですね」
「体を温めて新陳代謝を高めたり、無邪気に童心に帰って遊ぶのがいいですね」

恋愛運に関しては

「前半はいまいちですね。11月から急上昇します」
「家事を一生懸命したり、料理を作ったり、部屋を清潔にしていると、(家に)来ちゃう」
「長い麺のパスタを作って食べるのもいいです」

だそうです。
で、番組は早速これらを実行に移そうという展開に。

まず都内の温泉に入ります。で、ラッキーカラーがピンクだというので、風呂に入りながらイチゴ牛乳を飲みます。(笑)
次に、「童心に帰って遊ぶ」を実行するため「東京ドームシティ おもちゃ王国」(ほんとに子供の遊び場)で遊んでいただく。顔を見て泣き出す幼児がいたりもしましたが、そこそこ楽しんだ様子。

これで健康運対策が済んだので次は恋愛運対策。まずはパスタ作り。何と、

麺から作らされる。

日本橋の「リストランテ アルポンテ」のシェフに教わりながら、粉を練るところから始めます。更に、延ばす器具でとにかく長ーくしていきます。
そして、ソース作り。タマネギとサーモンでシンプルに。

シェフ「なかなかお上手ですね」
西川「一人が長いもんで。一度失敗してますし

ソースができたところで長ーい麺を絡めてできあがり。味にも満足な様子でした。

実は占いには続きがありました。彼と同じく離婚歴ありの飯島直子について…

「お仕事については、目上の方のお引き立てがあって、上り調子」
「出版物みたいなものが当たるかも知れないですね、エッセイとか写真集とか」
西川「とりあえず脱がしますか」(笑)

恋愛運について発表の前に、ライブコーナー。

ignited - イグナイテッド -
T.M.Revolution Akio Inoue Daisuke Asakura

ERJ 2004-11-03
売り上げランキング : 942

おすすめ平均
最高ですね
最高!最高!!最高!!!!
今回もやられた~!!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

いよいよ恋愛運の発表です。

「区切りをつけていくことになるんじゃないか」
「モテる時期ではあるので結構出会いはあると思いますし…年上の方」

これを聞いて…

飯島「私より年上でシングルの人って少ないし…あ、同じ(離婚した)人か、そうかそうか」

一人で納得しまくるのでした。(笑)

次回は大塚愛がイルカのトレーナーに初挑戦。…ん?後藤真希がシロイルカと泳いだのと同じ場所?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.31

MIAレポートVol41:「GLAYまるかじりスペシャル」

「アリゾナの魔法」、第41回。
ゲストはGLAYです。

冒頭のトークでは「俺たちが解散するとしたら音楽性の違いじゃなくて、

笑いのツボの違い」

などという楽しい話が飛び出しました。お笑いが大好きなんだそうです。
さて、GLAYの歴史をVTRで振り返ります。

最初の頃は皆さん思いっきりロン毛ですねぇ。

驚いた。

続いては、あれこれ書かれたボードを見ながらのトーク。地元北海道での活動時に作ったイベントのフライヤーには

ROKC SHOCK

というミススペルがあったり。(笑)

トークがあまりに長いので今回はロケがないのかと思いましたが、ありました。インディーズ時代(下積みとは言わないのね)に出ていた神楽坂のライブハウス「EXPLOSION」でのロケです(今回は「休日プラン」ってテイストじゃないなぁ)。
「客が2人のときがあった」とか、「ライブの時にはうちわを自作して配った」など、思い出話に花が咲きました。

ライブコーナーは

Ballad Best Singles- WHITE ROAD
GLAY TAKURO 佐久間正英

おすすめ平均
良いよ~
寒い冬を暖かく・・・
このCD良いんだけれど…
私も昔からのファンなのですが。
胸キュンです(笑

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらに収録されている「つづれ織り」でした。

次回はTMRevolutionの西川貴教が開運に挑む休日です。
前回から、エンディング部分をそっくり次回予告に使うようになったようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.23

MIAレポートVol40:ウルフルズ・トータス松本「大阪で青春時代に戻る」

「アリゾナの魔法」、第40回。
ゲストはウルフルズです。スタジオには全員来てます。ロケはトータス松本(歯竹強?)のみ。

まずはウルフルズの歴史をPVとか番組の映像で振り返ります(最近こういうパターン続いてるなぁ)。
トークでは「それまで懸賞なんて全然応募したことないのに、ジョージアの『がんばってコート』だけは応募しまくった」なんてエピソードも飛び出しました。

さて休日プランですが。「人生を変えた、ある場所」への旅です。
山口が同行して、まずは道頓堀へ。たこ焼き屋に立ち寄り、「粉を食って体を大阪モードに」します。(笑)
その他、「ベタな場所」を回ってから山口の知ってる定食屋に行き、2人で「肉野菜炒め定食」を食べます。
そこでトータスの青春時代を過ごしたインド喫茶「カンテグランデ」の話になり、次はそこへ向かうこととなるのでした。この店は通称「カンテG」とも呼ばれるらしいのですが、昔出した曲

大阪ストラット
ウルフルズ 大瀧詠一 伊藤銀次

by G-Tools

でも「カンテGでやっぱチャイとケーキ」というフレーズが登場するとか(←ある種ご当地ソングですな)。

この店には「トータス松本のおいしいチャイの入れ方」なるレシピが受け継がれているそうで、「ぜひ本人に作ってほしい」という山口のリクエストに応えてトータスがチャイを作ることに。そして、作ったジンジャーチャイに舌鼓。

「彼女に連れてこられて、『ここで働きたい』と思った。
バイト募集もしてないのに強引に『働かせて下さい』と頼んだ。
もしも断られてたら、ウルフルズがない。ここで(他のメンバーと)出会ったから。
ここで断られてたら、俺の人生が始まってない

まぁ、ドラマチックな。
そして社長のリクエストで「ワンダフル・ワールド」を歌いました。ロケVTRはここまで。

ライブコーナーは新曲。

暴れだす/大丈夫
ウルフルズ トータス松本

おすすめ平均 
寒い時期にマッチしてます。

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

次回はGLAYスペシャルってことで、何だか長めの予告でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧