2006.07.02

小泉首相のエアギターパフォーマンス(?)

プレスリーのまねをして踊る小泉首相(EPA=時事)
(Yahoo!ニュース - 時事通信、7/1)

プレスリーの邸宅グレースランドで、サングラス姿でギターを弾くまねをする小泉純一郎首相。

元の記事は写真付きなのでリンク先をご覧下さい。
首相も昨今の「エアギター」ブームを知ってるんでしょうか。なかなか侮れない人です。(笑)

本から家電・キッチン用品まですっかりオンラインデパートと化しているAmazonにも「エアギター」関連商品がありました。
…いや、もちろんエアギターを売ってるわけはありません。教則DVDです。

エアギターバイブルDVD 疾風伝説エアギターハイスクール~男子校篇~エアギターバイブルDVD 疾風伝説エアギターハイスクール~男子校篇~
金剛地武志 かながわIQ

ビクターエンタテインメント 2006-06-21
売り上げランキング : 5379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
エアギターバイブルDVD 疾風伝説エアギターハイスクール~女子校篇~エアギターバイブルDVD 疾風伝説エアギターハイスクール~女子校篇~
金剛地武志 かながわIQ

ビクターエンタテインメント 2006-06-21
売り上げランキング : 5016

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※指導しているのは「金剛寺」さんじゃなくて「金剛地」さんです。検索の際はお間違えなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.27

「EXILE」SHUN(本名・清木場俊介)が衝撃脱退

「EXILE」SHUNが衝撃脱退
(Yahoo!ニュース - スポーツニッポン、3/27)

人気ボーカルグループ「EXILE」から看板ボーカリストのSHUN(26)が脱退することが26日、分かった。今月29日付でグループから離れ、今後は「清木場俊介」としてソロ活動に専念する。理由について、SHUNは「このままここに居続けたら、自分自身が嘘(うそ)になってしまう」などとしている。EXILEは1人減り5人組で再出発する。

えーと…この名前は何て読めば…あ、下に書いてあった。

◆SHUN(本名清木場俊介=きよきば・しゅんすけ)1980年(昭55)1月11日、山口県生まれ。整った容姿で女性に圧倒的な人気を誇る。05年1月にシングル「いつか…」でソロデビュー。故尾崎豊さんのトリビュートアルバム(04年3月発売)にも参加。

「音楽性の違い」が理由と見られているそうです。バンドの解散なんかでよく出てくる言葉ですが、今回の場合は

関係者も「SHUNは、長渕剛のように男くささや人間くささを歌うのが好き。ダンスミュージックのEXILEの歌とは隔たりがあったはず」と指摘。

と、本当みたいです。

今月29日は、清木場としてのソロ第3弾シングル「人間じゃろうが!/さよならの唄…。」の発売日。くしくもEXILEとしての、最後のアルバム「ASIA」と発売日が重なった。

それぞれのジャケ写はこんな感じ。

B000EIF6IY人間じゃろうが!/さよならの唄・・・。(DVD付)
清木場俊介
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-03-29

by G-Tools
B000BNV096ASIA (DVD付)
EXILE
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-03-29

by G-Tools

なるほど、確かに「路線の違い」が感じられますね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

五輪フィギュアスケート選手使用13曲収録のCD発売

五輪フィギュアスケート選手使用13曲収録のCD発売
(Yahoo!ニュース - サンケイスポーツ、3/14)

トリノ五輪で金メダルを獲得した荒川静香選手(24)が使用したプッチーニ「トゥーランドット」や村主章枝選手(25)が使用したラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番第1楽章」など日本のフィギュアスケート選手が競技で使用した13曲を収録したクラシックアルバム「マイ・フィギュア・スケート・アルバム」が、15日にエイベックスから発売される。
B000EBDCQOマイ・フィギュア・スケート・アルバム
オムニバス(クラシック) ヤンドー(イェネ) ブダペスト交響楽団
エイベックス イオ 2006-03-15

by G-Tools

ジャケットにはどーんと村主章枝選手が出ています。
なんで荒川静香選手じゃないのかと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、村主さんは所属がエイベックスなんです(ちなみに荒川さんはプリンスホテル)。

フィギュアスケート関連のCDはすごく売れてるらしいですね。
荒川選手が「ユー・レイズ・ミー・アップ」を使ったことで一気に人気が上がってるのはこちら。

B000CSUYJMケルティック・ウーマン
ケルティック・ウーマン
東芝EMI 2006-02-01

by G-Tools

管理人としては、安藤美姫選手をあまり見かけなくなったことに「マスコミって冷たいよね」と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

加護喫煙で「W」新曲発売中止

加護喫煙で「W」新曲発売中止
(Yahoo!ニュース - スポーツニッポン、2/11)

元モーニング娘。で人気ユニット「W(ダブルユー)」の加護亜依(18)が喫煙していた問題で、所属事務所は発覚から一夜明けた10日、3月に予定していた新曲の発売中止を決めた。また、イベントへの参加中止も決まった。

所属事務所はこの日、仕事先など関係各所に「謹慎処分」に至った事情説明をするなど、終日対応に追われた。その中で、発売中止に踏み切ったのが、3月8日に予定していたWのニューシングル「どうにもとまらない/ちょい悪デビル」

喫煙がやり玉に挙げられている中で、「どうにもとまらない」はまずいですね。
何だか「吸わずにいられない」みたいなイメージが。

また、11日に都内で予定していたファンクラブ限定イベントは開催中止が決定。18日に出演予定だった新潟県十日町雪まつり「雪上カーニバル」も、Wとしての出演自体がなくなり、相棒の辻希美(18)が受ける影響は大きい。

今後はリスクヘッジとして「ユニットは3人以上で組む」のがいいと思います。
昔、「わらべ」という3人組の1人が写真週刊誌に出て(奇しくもこれも喫煙)降板させられて以後は2人でやってったケースもあります。

辻さんはこれからピン芸人として(←芸人じゃないって)の道を模索することになるかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.10

<加護亜依さん>喫煙写真掲載で謹慎処分

<加護亜依さん>喫煙写真掲載で謹慎処分
(Yahoo!ニュース - 毎日新聞、2/10)

事務所側で調べたところ、先月、都内のレストランを訪れた際に喫煙したことを確認した。

残念ながら、事実だったようです。

さて、毎日新聞ではこのように実名を出していますが、共同通信では匿名を貫き通しています。

喫煙でアイドルを謹慎処分 謝罪の文書発表
(Yahoo!ニュース - 共同通信、2/10)

芸能プロダクション「アップフロントエージェンシー」は9日、所属の人気女性アイドル(18)の喫煙行為を確認したとして、このアイドルを謹慎処分にした。今後収録するテレビ番組やコンサートへの出演を控える。
(中略)
プロダクションは「決して許されることではない。管理・指導に不足があったと猛省している」と謝罪する文書を発表した。

猛省したプロダクションは果たしてどこまでの処分をするのでしょう。
法に触れるわけでもない「恋愛」の発覚で「けじめをつけて」しまったお仲間もいますし…。

成人の芸能人には、麻薬で逮捕されても復帰している人(特定の誰とは言いません。何人もいるので)とか、弟子を引き連れてフライデー編集部で大暴れして執行猶予判決をもらっても復帰できている人(言わずと知れた…)などおります。
また、深夜番組で過去の窃盗体験を語って騒ぎになった人もいますが、今はどうにか仕事してるようです。
意外と「やり直しのきく世界」と言えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.02.09

<加護亜依>深夜の喫煙シーン撮られる

<加護亜依>深夜の喫煙シーン撮られる
(Yahoo!ニュース - 毎日新聞、2/9)

元「モーニング娘。」でW(ダブルユー)の加護亜依さん(18)の喫煙写真が、10日発売の写真週刊誌「フライデー」に掲載される。

さすがにフライデーに出てしまうとなると、「NEWSの未成年メンバーの飲酒」みたいに匿名にするわけにはいかないようですね。
事務所は抗議しないんでしょうか。
本当であれば、今後はしばらく表に出てこれないことでしょう。
ワイドショーも来週前半はこの話題で持ちきりかも知れません。
その前に「アッコにおまかせ!」が取り上げそうだな。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.12.01

今年の紅白は「和田アキ子が白組」!

<紅白>倖田來未、ユーミンら16組が初出場
(Yahoo!ニュース - 毎日新聞、12/1)

NHKは1日、大みそかに放送する「第56回NHK紅白歌合戦」の出場歌手を発表した。今年は放送時間が10分伸び、総合テレビは午後7時20分から同11時45分(ニュース中断あり)。出演歌手も紅白各2組多い各30組、計60組となった。
初出場は紅組が松任谷由実、渡辺美里、倖田來未、ゴリエら7組。白組が山崎まさよし、スキマスイッチ、コブクロ、グループ魂ら9組の計16組。

…ゴリエ出るんですか。紅組で。
では、タイトルに書きました「白組の和田アキ子」とは?
これで出るんです。

B0009N2XXKLoop In My Heart/HEY!
m-flo loves EMYLI & YOSHIKA/m-flo loves Akiko Wada m-flo loves EMYLI & YOSHIKA m-flo

by G-Tools

m-floとのユニットですね。
NHKも思いきったことをするものです。何だかんだ言っても数字上げたいから話題作りに必死です。

応援ゲストにレイザーラモンHGを出すか出さないかなんて話もありましたが、HG自身はオファーも何もない内から「あの場所で下ネタに走ったらまずいでしょう」みたいなこと言って出る気なかったようで。

氣志團、今年も出るんですね。
去年はリーゼントがカツラになっててすっ飛んだという仰天演出があったりしてなかなか楽しませていただきました。今年は何が待ってるんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.29

NHKトリノ五輪テーマ曲、平原綾香の「誓い」に

五輪のテーマソング 「誓い」
(NHK、11/29)

来年2月にイタリアで開かれるトリノオリンピックのNHKのテーマソングが、平原綾香さんの歌う「誓い」に決まりました。

NHKってこういう「内輪のニュース」よくやりますよね。
「来年の大河ドラマが…」とか、
「来年の朝の連続テレビ小説が…」とか。
まだそれはいいです。

オリンピック関連番組に使うテーマ曲が決まりましたなんてこと、別にニュース番組で言わなくても…と思うのです。その時になればわかりますから。
なぜ前宣伝が必要なのか?不思議なことをするなぁと思います。

去年のアテネ五輪でも

「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」

とか、実況でテーマ曲の宣伝仕掛けてますし。
「誓い」というフレーズはどこにでも使えそうですね。あまり連発すると印象悪くなりますのでほどほどにしてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.05

忘年会芸に「修二と彰」?オヤジがジャニーズ熱烈支持

オヤジがジャニーズ熱烈支持
(Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ、11/5)

NEWS山下智久(20)KAT-TUN亀梨和也(19)のユニット「修二と彰」が歌う「青春アミーゴ」の売り上げ100万枚突破が確実になった。売り上げが低迷するシングルCDで今年初のミリオンセラーとなる。男同士の友情を歌うデュエット曲の購買層は忘年会までに覚えたい男性会社員が中心で、女性に人気のジャニーズ勢としては珍現象となっている。

こちらが「青春アミーゴ」です。
…とジャケ写入りで紹介したかったのですが、ジャニーズさんはWebにタレントの顔が出るのを制限しまくるので残念ながら見られません。とりあえずレビュー付きのリンクを載せておきます。

青春アミーゴ (初回限定生産盤)
B000BK6Y18修二と彰 zopp Shusui

おすすめ平均
stars楽しみ(*^^)v
stars豪華なCD発売!!
stars青春できますっっ♪
stars山下君と亀梨君のユニット
starsカラフル★

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
青春アミーゴ (通常盤)
B000BK6Y1I修二と彰 zopp Shusui

おすすめ平均
starsこれはお勧めです!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ここんとこ、当blogにも「忘年会」で検索して来て下さる方がちらほらなんですが、該当記事がレイザーラモンHGの高速腰振りについてだったりしてあまり参考にはならなかったかも知れません。

同曲は、山下と亀梨が主演する日本テレビのドラマ「野ブタ。をプロデュース」(土曜午後9時)の主題歌だ。男同士の友情をストレートに表現した歌詞を、昭和歌謡を思わせるノスタルジックなメロディーに乗せている。複雑なメロディーの転調もなく、男性2人の素朴な掛け合いは、アイドル全盛の歌謡曲で育ったサラリーマン世代の耳になじんだようだ。
発売元も忘年会ソングを狙っていたことを認める。「年末を控えた時期の発売、懐かしさを覚えるメロディーはぴったり。部長さんや課長さんもこの曲で若手女子社員さんたちの心をつかんでみては」と話す。山下も「忘年会や新年会シーズンに向けて定番ソングになったらうれしい」、亀梨も「カラオケで歌って踊ってね」とコメントしている。

…狙ってたんですか?マーケティングってのは油断も隙もありませんね。
部長さんや課長さん、振り付けも覚えないと若手男子に勝てないと思いますので頑張って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.27

MIAレポートVol49:最終回・総集編

「アリゾナの魔法」、最終回。
これまでのさまざまなVTRを振り返ります。

長井秀和のスカイダイビング初挑戦(Vol.12)
槇原敬之のスキューバダイビングin沖縄(Vol.17)
上戸彩の保育士初体験(Vol.37)…「正月には親戚が安心して子供を自分に預けてくれました」
後藤真希、シロイルカと共演(Vol.14)
藤井フミヤが居合いに挑戦in日本武道館(Vol.31)
Gacktがウェイクボードに初挑戦(Vol.11)…「ハマったね。去年だけで湖に3回、海には5回行った。あと2年で大会には出られるかな」

松浦亜弥がゾーブで回りまくり(飯島直子も)(Vol.28)
ゴスペラーズ村上、足裏マッサージに絶叫(Vol.33)
パク・ヨンハ&飯島直子の韓国デート(Vol.20)
hyde(L'Arc-en-Ciel)、北の国にて(Vol.1)
GLAY、インディーズ時代のライブハウスを訪ねる(Vol.41)
ゆず、アーチェリーの山本選手と共演(Vol.24)

夏川りみが京都で歌う「涙そうそう」(Vol.5)
CHEMISTRY、韓国のアーティスト「ナオル」と歌う(Vol.27)
トータス松本、思い出のバイト先で歌う「ワンダフル・ワールド」(Vol.40)
広瀬香美が母校で在校生と「愛があれば大丈夫」(Vol.38)
女子十二楽坊の「川の流れのように」(Vol.18)
槇原敬之、飯島&山口とコンサートで「どんなときも。」(Vol.35)

そして最後の(?)新型ヴィッツ長編CM。アントニオ氏、最後の大仕事お疲れ様でした。

4月からはhitomiとYOUとガレッジセールによる新番組が始まります。
見て面白そうだったらレポートしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧