2005.01.20

月刊ムー2005年2月号「GAME INFORMATION FORUM」で紹介されたゲーム

紹介記事については月刊ムーそのものをごらん下さい。

GLADIATOR -ROAD TO FREEDOM-

おすすめ平均 
期待大です
名作誕生の予感...

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


ナノブレイカー

コナミ 2005-01-27
売り上げランキング 957
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2

おすすめ平均 
完成に期待
期待してます!!
期待したいところ。
挽回なるか?
だいたい予想がつくが

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


獣王記 -PROJECT ALTERED BEAST-

セガ 2005-01-27
売り上げランキング 109

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


ラジアータ ストーリーズ

おすすめ平均 
期待大
トライエースの新作
不満点
スターオーシャンとヴァルキリーを超えたゲーム。
音楽重視

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


ロード・オブ・ザ・リング 中つ国第三紀 (PlayStation2)

おすすめ平均 
楽しみにして買ったけど・・・
発売前の感想。
ロード・オブ・ザ・リングがロール・プレイングに。

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


ロード・オブ・ザ・リング 中つ国第三紀 (GAME CUBE)

おすすめ平均 
良いですね
RPGがお似合いのタイトル

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


ロード・オブ・ザ・リング 中つ国第三紀 (GAMEBOY ADVANCE)

おすすめ平均 
高い戦略性
んー?
ファンタジーの最高潮、ゲームでも楽しもう。

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.12

月刊ムー2005年1月号「GAME INFORMATION FORUM」で紹介されたゲーム

紹介記事については月刊ムーそのものをごらん下さい。

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

おすすめ平均 
まあ、俺は買うけどね
新しい衝撃
うろつくだけでも楽しい
良い意味で「3Dになっただけ」
やっぱりドラクエ離れはできません

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER 予約特典CD付き

おすすめ平均 
始まりを描き、そして終わりを告げる物語。
サンプルを体験!新システムが面白い♪
2004年度最高の大作
遂に登場!
スネークがワニに!?まさか!!!

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


Mr.インクレディブル (GAME CUBE)

D3PUBLISHER
2004-12-02
売り上げランキング 559

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

Mr.インクレディブル (Playstation 2)

D3PUBLISHER
2004-12-02
売り上げランキング 265

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
Mr.インクレディブル (Xbox)

D3PUBLISHER
2004-12-02
売り上げランキング 1,010

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
Mr.インクレディブル (GAMEBOY ADVANCE)

おすすめ平均 
アメリカでメガヒットした作品

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


片神名~喪われた因果律~通常版

おすすめ平均 
アルケミストのオリジナル作品がついに登場!

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


忘却の旋律

バンダイ
2004-11-25
売り上げランキング 1,182
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools


きみのためなら死ねる

おすすめ平均 
実際体験しての感想
こいつはイカス!
きみのためなら買える!
DSならではです。
新ハードでも揺らぐことなく

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

パッケージにDSと書いてあるからおわかりとは思いますが、「きみのためなら死ねる」は

ニンテンドーDS

by G-Tools

向けソフトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.22

パソコンに熱中するとキレやすい…脳科学者(?)が指摘

タイトルの「(?)」は管理人なりの疑問です。

パソコンに熱中するとキレやすい…脳科学者が指摘
(読売新聞、6/22)

長崎県佐世保市で、小6女児が同級生の女児に首を切られ死亡した事件。加害者の女児はインターネットが趣味で、ネットの掲示板で悪口を言われたことなどが犯行の動機として浮上している。女児は、なぜ残虐な犯行に走ったのか。すでに精神鑑定を行う決定も出ているが、脳科学者からは、長時間のパソコン使用が脳の働きに悪影響を及ぼすとの見方が示されている。

だからビル・ゲイツはあんな風になっちゃったんですね。(笑)(←どんな風かはあえて書かない)

「パソコンやテレビゲームに長時間興じると、創造力や理性など人間らしさに関係する脳の前頭前野と呼ばれる部分の機能が低下する」。日本大文理学部の森昭雄教授は前頭前野の活動が低下した状態を「ゲーム脳」と呼ぶ。

この先生は、メディアがテレビゲーム等を悪者呼ばわりしたいときにとても重宝する先生として知られています。
しかし、この理論は、大人の皆さんが大好きなあることにも思いっきりあてはまるのです。カンのいい方はおわかりですね。

パチンコですよ、パチンコ。(パチスロも含めてよい)

パチンコで「ゲーム脳」状態になっちゃった大人たちが、何人の子供を車の中で灼熱地獄に追いやったか。でも、この手の報道がされるときにこの先生は呼ばれません。

大人の娯楽を「科学的」に悪者にしちゃうと業界団体がうるさいからです。
マスコミの方々にとっては家電やおもちゃの業界より怖い存在なのです。

ほんと、大人ってズルいよね。(笑)
さて、ニュース解説に戻ります。

一方で、こうした見方を検証する基礎データすらないのが現状だ。そこで文部科学省では、テレビの視聴時間などのライフスタイルと脳の働きとの関係などを調べる「脳科学と教育」プロジェクトを始めている。零歳児と5歳児1万人に対し継続的に生活状況をアンケートするほか、行動や発達を観察する。

…検証するデータがないのに軽々とぶち上げちゃっていいんですか、天下の読売新聞様。
「わけのわからんものには何でもいいからとりあえず難癖つけておきたい」という印象がとても強まる一言ですね。

要するに「今時のガキは…」という不満感を小難しく表現したのが「ゲーム脳」理論。(笑)

森先生には、ぜひ「脳をトランスに導くことを最大限に追求した」ゲーム

Rez Playstation2 the Best

の開発者の方と徹底討論していただきたいなんてことも思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.20

接客アクションPS2「吉野家」を5月27日に発売

サクセス、牛丼でお客様を満足させる接客アクションPS2「吉野家」を5月27日に発売
(Impress Game Watch、4/20)

株式会社サクセスは、牛丼チェーンの「吉野家」を題材にしたプレイステーション 2用接客アクション「吉野家」を5月27日に発売する。価格は3,990円。

PS2「吉野家」は、株式会社吉野家ディー・アンド・シーが展開している、同名の牛丼チェーン店をゲーム化したもの。プレーヤーは新人キャストを操作して、接客や盛り付けをアクション形式で行なう。

(引用文中商品名部分には管理人がリンク付加)
現在、実際にはなかなか食えない吉野家の牛丼がバーチャルでよみがえる!というのではないでしょうが、今だからこそ何となく売れそうなゲームではありますね。

また同社では、PS2用「吉野家」の購入者向けのプレゼントキャンペーンを実施する。ゲームソフトに同梱されるアンケートハガキを送ると、抽選で80名に「吉野家オリジナルどんぶり」が、200名に「オリジナル巾着」がプレゼントされる。どんぶりは以前、吉野家で実施された「牛丼の日キャンペーン」の特賞景品と同じもので、かなり貴重な吉野家グッズといえる。

うーん、そういう景品も確かにマニア垂涎という気がしないでもないけど、今だったら「牛丼大盛り無料券」(当然牛丼を再開してから使える)でも欲しい人いるかも…。

発売元サクセスの「吉野家」コーナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.31

なつかしの「たまごっち」と携帯で遊ぼう

おっ、ついに「たまごっち」が携帯に移植されたのか。
新製品「かえってきた!たまごっちプラス」のニュースを見ても「ブームが去ったらゴミになるんだから携帯にでも載せりゃいいのに…」と思ってたんですが、これで一安心(?)。

なつかしの「たまごっち」と携帯で遊ぼう
(japan.internet.com、3/31)

なになに…?

対応端末は、ボーダフォンの Java 対応端末。

なぜ大手のドコモやau端末を相手にしないのでしょうねぇ。
まさか、こんなことでボーダフォンユーザが激増するとでも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.26

尊敬に値する人。

某映画のタイトルにひっかけて「斬るビル」なんてダジャレは言えても、その通りのゲームを作るってのはなかなかできることじゃありません。

上空から降ってくるビルや塔を斬りまくるアクションゲーム「斬るビル」が公開
(by 窓の杜【Review NEWS】 2/25)

思いつくだけなら簡単なんですよ。「こんなのあったらいいねー」で終わりだから。
高校生の頃(もう20年くらい前になるのか…)、

「シューティングゲームなんだけどコントローラがピアノみたいな鍵盤なんだよ。で、必勝パターンで弾が撃てると曲が弾けるってのどう?」

なんてことを言ったら周囲の友人は「そんなん面白くねーよ」と言ってその話はそれっきりでした。
時は遙かに流れて、ゲーセンで「ビートマニア」を見かけた管理人、人知れず目が点になりました。
また、こじつけっぽくなりますが「音楽を奏でるシューティング」と言えば「Rez」も挙げられます。ああいう路線のが、あれ以後なかなか出てこないのが残念です。

そんなこんなで、「世の中すごい人ばっかりだ」(←ゲーム業界しか見てないやん)と感服する管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)