2005.01.20

mgコンテンツ情報「月刊MISTYの神秘な広告レポート 2月号」

このエントリもubicast Bloggerで書いてみました。

-----

 それにしても、杉田かおるさんの結婚話はまるで開運グッズでも使ったかのようでしたねぇ。

  「借金漬け負け犬女優から一転、コンツェルンの御曹司の花嫁に!」

これこそ○○ストーンが起こした奇跡の物語!…ではありませんので。念のため。

◆ピーズクラブ
 会員の再注文時にだけプレゼントされていた非売品の香水を、今回期間限定で販売するんだそうです。「カレのハートを惑わす」 とは書いてありますが、今回は「男殺し」みたいな強烈な表現はなしですか。

◆セナミニューヨーク
 「マジカルパワーシルバーストーン」という商品があります。銀の塊に単語が刻印されています。最近は「銀粘土」 のおかげでこういうのが簡単に作れるようになりました。え、それ言っちゃダメ?

◆ADS通信社
 「神の目の刻印」…あれ?こっちではまだ「追加発売」なんて言ってるの?ムーの広告では2ヶ月前から売ってたのに。
 「『本当に効くの?』の質問は必要ありません」だそうです…そうですよねぇ、聞くまでもないですよ。効きません。 (断言)

◆ハートエール
 名前の割には、やってることが

  六次元神気の想念パワー

です。簡単に言うと、「気のパワー」で開運させてあげますというサービスを行っています。
 これをやる人、名前が「眞裟門(MASAKADO)」と言います。さすがに1文字目が「魔」 だと某格闘家とかぶると思ったんでしょう。(笑)
 想念の料金が3150円(税込)。「へー、安いじゃん」とは思いません。管理人の場合

これで儲かるのか?

と思います。1日に20人くらいさばくなら別ですが。そうでなかったら、他に何か売るんでしょうね。

◆ワールドタイムス社
 ダウジング用振り子「カルン」を売っていますが、ダウジングとはあまり関係のない「持ってるだけで開運する」のが売りです。その上、 「振り子でパワーを送る」という使い方を勧めています。ダウジングって本来その逆で、何か感知するための手法だったのでは?

◆シオン渋谷店
 初めて見かける商品に「何でもありの縁結び」という身もフタもない名前のものがあります。 もうちょっと考えたら?「悪魔の金探し」が多少ましに見えてきます。

◆日本ティアース
 また謎の業者が現れました。こちらが扱っているのは「ムーンウォレット」という財布。何と、 「昨年10月28日のロト6当選番号を2口買ったのはこの財布の購入者らしい」とする広告です。
 その購入者によるとされる体験談も出ています。写真もあります。

  • 売り場でマークシートに記入する写真
  • 財布にくじ券を入れている写真

…久しぶりに言っていい?

撮ったの誰?

両手とも写ってるから自分撮りってことはないよね。そもそも、当たるかどうかわからない内から「買っている場面」 が撮れるってことが不思議でならないですよ。
 この広告では「金運は財布に宿る」とか何とか言ってますが、実は同じことがアイ・ プライムさんの広告にもあったりします(12月号を調べてみました)。更に、こんなことまでが明らかになったのです。

  (12月号)アイ・プライム→広告コード 0034・12
  (2月号)日本ティアース→広告コード 0034・02

おやおや、なぜ同じ体系のコードをお使いなんでしょう?それはもちろん、

系列だから。(断言)

 この手の財布は「金が儲かる」ことを売りにしている割にはほとんどの場合「紙幣が大して入らなそう」 なのが一番不思議です。財布パワーで引き寄せられたお金は、一体どこに落ち着くのでしょう?別の財布ですか? (←それじゃ意味ないじゃん)

※余談:
 「ナノテクス製薬」なる業者が「減量命令」というダイエット食品を売っているのですが、こちらの広告コードが「0034・ 02」…。

7ページ後に同じの見かけますからっ!残念っ!!
またまた系列発見斬り!!!

ちなみにその「7ページ後」とは、日本ティアース。(笑)
-----

本物はこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

mgコンテンツ情報「月刊ムーの神秘な広告レポート 2月号」

このエントリは「ubicast Blogger」を使って書いてます。

-----

 正直なところ、ネタとして面白い広告が減ってきております。

◆シオン渋谷店
 今月も「悪魔の金探し」です。
 「金運系最強兵器」を名乗っていますが、シークレットサービスさんの商品とどっちが強いでしょう。
 「商品がお安くご購入できる会員制度有り!」なんて書いてありますねぇ。会員になると「朝士」とか「朝友」 とか呼ばれて妙なイベントの案内が来そうですけど…。

◆株式会社ゴースト・ クリーニング
 ゴーストバスターズが浄霊をしてくれる会社だそうです。 ネゴシエーターがいたりシャウトしたりはしないようです(←細木数子がタイトルに口出しした映画の話か?)。

◆XPサイエンス
 「未解明の免疫システム」に働きかけるというCDを発売しました。聞くと病気が治っちゃうんでしょうか。 でもそれだったらこちらのより安い値段で

   「モーツァルトを聴けば病気にならない!」

とかいうのが書店でも買えますから、残念!(←今回はちょっとおとなしめに)

◆日本通信教育連合会
 こちらで紹介している通信講座の中には、 宝くじ攻略のための占いが3種類も
あります。

・ロト6&ミニロト・ナンバーズ攻略 中国帝王算命術
・ロト6&ミニロト・ナンバーズ攻略 カバラ数秘術
・九星気学 ロト6&ミニロト・ナンバーズ攻略法

結局どれをやると一番儲かるんでしょう。「一番儲かるのはこういうのを売る人」 とか言わないように。(笑)

◆集合広告
 「千代田波動鑑定」さんにはいろいろと体験談が寄せられているようです。ガンが消えたとか、糖尿病が改善したとか。そんな中、

  「波動によりAカップからCカップになりました(48歳女性)」

との体験が!どこぞの健康食品会社がニセ豊胸剤で大儲けできた理由がわかる気がします。(笑)

◆コスモローヤル
 新顔ですね。
 「グラドス」なる商品を売っています。使うと金運が上がるらしいです。が、広告ではなぜかグラドス自体よりも「おまけで進呈する聖杯」 の方により重点を置いて解説しています。結局グラドスって何なのよ?と思いながら隅から隅まで読んでみたら、「金運結晶」なる粉末で、 使用方法は

  両手の甲に塗布する

…なかなか楽しいもの作りましたね。消耗品だとリピーターつきやすいし(←マーケティング視点)。
 URL出てたんでサイトも見てみました。美容商品を主に扱ってる業者のようですね。なら、 手にすり込んでも毒にも薬にもならない粉末の入手くらいお手の物でしょう。(笑)

◆ADS通信社
 「神の目の刻印」は無事に売り切れたようで(笑)、今月は新商品、その名も

  「セフィトロの樹の図版」

西洋魔術やらカバラで言うところの「生命の樹」が描かれていて、飾っておくと運がよくなるのだそうです。
 「専門家も絶賛」だそうですが、専門家ならまず

  セフィロトでしょ?」

と軽く突っ込みそうな気がします。
 体験者の言葉が載ってます。

  ★念願の島を買えたッ! 保田氏 51才

「買えたッ!」て、

あんたは荒木飛呂彦か。

※しばらくはADS通信社に要注目ですね。

-----

本物はこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.08

当blogが「日経click」に載りました

本日(1/8)発売の日経click2月号、137ページの「click log」というコーナーで、当blogが

「迷惑メールの数々を紹介するblog」

として画面写真とURLを掲載されました。「"演技派スパム"急増!」という記事に添えられたものです。記事は管理人が書いたわけじゃないです。念のため。

記事を見てみますと、かなり表現がおとなしめの ザ・迷惑メール Vol.53:「まなみ」さん、人妻 が載っていてほっとしました(さすがに「大石オブジョイトイ」じゃまずいよな)。

迷惑メール晒しのサイトは他にもいろいろあるはずですが、何を基準に選んだのかウチに白羽の矢が。
何はともあれ、ありがとうございます>日経BP社様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.29

mgコンテンツ情報:「月刊MISTYの神秘な広告レポート 1月号」

本家にアップしてから1週間も経ってしまいましたので、今回は「速報」とは銘打たずにお送りします。

-----
 「上司からの評価は低かったけどボーナスはいい感じにもらえたな」と思っている管理人は、別に何もパワーストーンなど付けておりません。(笑)

◆ピーズクラブ
 以前から「女神のピンクダイヤ」は人造石であるということについて突っ込んできましたが、今月はよく読むとこんなことが書いてあります。

さらにその人工ホワイトダイヤ結晶に、ピーズクラブ独自の特殊光線を照射することによって天然ダイヤモンドならば最上級にランクされるファンシーカラー《ピンク》を表現しました。

「特命リサーチ200X」の特番で見たんだけど、

宝石の色を変えたいときは「放射線」を浴びせるんだってね。

何で「特殊光線」なんて余計怪しい表現にするの?(いや、ストレートでも怖がられるか)

◆アフレイタス
 昨年の7月号以来ですが、またダウジングの振り子です。
 「ダウジング・ブラファー」なる商品。「第一人者・北畠恭介氏」なる人物が解説をしています。振り子にパワーストーンがついてるから更によく当たるとか何とか言ってます。
 振り子だといろいろ飾れるからこういう商品が作りやすいんですよね。L字型ロッドじゃこうはいきません。「そんなん、クリーニング屋の針金ハンガー切って自作したらタダじゃん」と言われてしまいます。

◆(株)インタープレイス
 電話占い師さんの募集広告です。
 ここが信頼に足る業者かどうか、占い師さんはやっぱり占って決めるんでしょうか。(笑)

◆ドリームボートアニー
 久々に目にとまったモノがあるのでネタにします。
 先月までなかった、こんな言葉が広告に追加されていました。

  アニーの突進は止まらない!!

業界が持つべきムードに何か沿わない感じ…。儲かってることを自慢するのはいいんですよ。「突進」はないでしょ、と。

◆フェアリーテール
 こちらの言う「フェアリーテール」というのは、fairy tale(おとぎ話)じゃなくてfairy tail(妖精のしっぽ)なんだそうです。
 こちらには「牧師さんも認めた聖母マリア様の生まれ変わり」と称する先生がいまして、

  大丈夫か、その牧師。

と何だか心配になります。そもそもキリスト教って、転生は認めてないんじゃありませんでした?

◆ループネット特販部
 久々に「宝くじ宝印」ですが、「金財運 宝くじ宝印」という品名になっています。宝くじに限らず金運アップにどうぞ、って感じですかね。

  大人の現実!!きれいごと抜きで!まずお金!!

…今の時代は大人がこんなだから子供が歪むんだなというのがよくわかるコピーです。(笑)
 メインの体験談(左上)を寄せた人は、宝くじでジャンジャン稼いだ挙げ句に、「米国でイベント関係の仕事をする」ことになったそうです。…この人、頭悪いですね。

好きな日にラスベガスのカジノでも行って、
好きなだけ稼いでくればいいじゃないですか。

仕事よりずっと楽だと思いますけど。

◆オフィス喜込
 2004年12月現在、googleで「ウソじゃない ホームレスから 億万長者に」で検索すると、Mental giMMickしかヒットしません。まあ、「出版しました」とは書いてあっても「売れてます」とは書いてないので、有り余る金にものを言わせて豪華装丁本を1冊作っただけかも知れません。さすが金持ちの考えることは違いますね、今東輝夫さん。(笑)

◆コミュニケート
 特に代わり映えのない「アストラル・ストーン」の宣伝です。
 「今年のクリスマスに結婚します」の体験談がまだ残ってます。さて、来月からはどうなるでしょう。サクセスインターナショナルさんかパシフィックトレードさんに差し替えでしょうか。

◆イセイコーポレーションINC.
 今月は「ブラッドストーン」が登場です。老舗はこのようにあの手この手で攻めてきます。

  男 金 仕事 悦び体験談殺到!!

…時代は変わったなぁ。こうはならないと思ってたのに。(笑)
 体験談を見てみましょう。

「会社を辞めて、ホステスになって、
 生活が派手になって、いつしか600万円もの借金が。
 しかし、ブラッドストーンを買ったらロト6で1200万円が当たり、
 600万円の黒字に。今は新しい会社で働いている」

とのこと。
 圧倒的な開運パワーで一攫千金が思いのままの人が、何でわざわざ勤めに行くの?いいじゃん、今度は自分が客の立場になってホストクラブで豪遊でもすれば。そのうち日テレの「スーパーテレビ」のホスト特集で見かけたりして。

「常連客のA子さん。
 宝くじが当たるたびに、
 ここで200万円以上使ってくれるという。
 今日もピンドンの注文は欠かさない」

なんてナレーションが想像できます(←勝手に妄想を爆走させるな)。

※発売日以降多忙につきなかなか執筆にかかれなかったことをお詫び申し上げます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.10

mgコンテンツ速報:「月刊ムーの神秘な広告レポート 1月号」

本家のコンテンツの簡易版をお送りします。

月刊ムーの神秘な広告レポート/1月号

 あれれ?占いやプレゼントのコーナーが「実用スペシャル」の小さいページに入っちゃいましたねぇ。おまけに、プレゼントコーナーには今までモデルさんがいたのに、いなくなっちゃいました(バックナンバーを見直してみたら、12月号からいない)。そんなに緊縮財政なのか、編集部。

◆ワールドタイムズ社
 「マクンドゥ」の宣伝です。ダウジングの振り子なんだけど自分で回転させてやるとエネルギーが発生して開運するということになっています。
 この手の広告には必ず「愛用者が大儲けしたということで大ブームに」みたいなことが体験談とは別に書かれていたりします。…広告以外のルートでそんな情報入ってこないけどなぁ…。

◆フェニックスパワー研究所
 こちらの石川さんという方が、本を出したそうです。出版社は「文芸社」です。実はこの文芸社さんは、

  自費出版を請け負うのが好きなんです。

著者がある程度金を出せば、店頭に並ぶ本が出せます。有名な例では、文章が無茶苦茶とか内容が支離滅裂だという酷評を浴びつつもなぜか売れてしまった山田悠介の「リアル鬼ごっこ」。(笑)

◆ピース・オブ・ライフ
 小宮光二さんは瞑想してたら釈迦とキリストとアガスティアという3人の聖者が一堂に会したのを幻視してしまったせいで今の仕事をしているそうです。何ともご愁傷様。(笑)

◆集合広告
 「禅楽堂」さん、相変わらずPTSDのことを「PSTD」と書くのは直ってません。誤植に気付いてないのか、本気でPSTDだと思っているのか、どっちなんでしょう。

◆ジャパンニューエイジセンター
 「タキオン」が集まってきて健康になったり開運したりするという商品を売っています。そもそもこのタキオンというものは

  超光速で動く仮想の粒子

です。で、ちょっと詳しく知っている人は更にこう言います。

  タキオンの速度は光速より遅くならない。

つーことはですね、

  こんなヘンテコなアクセの中にとどまっててくれませんからっ!
  残念っ!!

なのですよ。(笑)

◆ADS通信社
 先月宣伝した「神の目の刻印」は88人までしか売れなかったはずなのですが、何と

  今回最終販売分122枚を封印解除!!

だそうです。「そんなに隠してたんかい!」と思いっきり突っ込みたくなります。(笑)考えられるのは2通り。

  • 売れ行きがいいからもっと売る
  • 売れてないから「売れまくってる」ことにして宣伝を強化する

たぶん後者でしょう。
 このキモいおばちゃんの写真やめたら売れると思うよ。(笑)

今の「広告スペースのほとんどが自社広告」というのもいかがなものかと思いつつ、今回はこの辺で。

本物はこちらから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.19

mgコンテンツ速報:「月刊MISTYの神秘な広告レポート 12月号」

本家を更新すると現れる「コンテンツ速報」がやってまいりました。
今回は「月刊MISTYの神秘な広告レポート」。
MISTYというのは女性向け占い雑誌です。それを30代の男が単にHPのネタとしてのみ買うわけです。何の執念がそこまでさせるのか…いや、それはどうでもいいとして。

お手持ちにMISTYがある方は、ぜひ読みながらごらん下さい。
それでは、記事スタート。

-----
 先月は「ラスト2ヶ月の」なんて言ってたのに、今月はもう「先どり!輝きの2005年運」…ラスト1ヶ月は逃げに入ってる感じですな。(笑)

◆ラブ・コンシェルジュ
 「どんな恋愛でも一発で成就させる驚異の占術秘法!」…占いって、いつから人の運勢に「手を出せる」ようになったんでしょう。まあ、ここに限らずそういうのが売りの業者さんいっぱいありますけど。

◆日本黎明社
 神秘図形を刻印した「ジェネレーター」に、ネックレスだけでなく「クリスタル」が仲間入り。高さ約35mmという小ささで、お値段34500円。これは、売れると笑いが止まらないでしょう…原価安そうだもん。(笑)

◆株式会社情報工房
 激安パソコンでも売ってそうですが違います。
 テレビや雑誌の仕事もあるという占い師さんの霊感占いが頼めるそうです。
 株式会社がやってる割には、なぜか受付メールアドレスがYahooメール…。そういうとこケチってると「儲かってないんだな」って思われちゃうよ?(笑)

◆フォーチュンアカデミー (株)クリア
 7種類の占いの通信講座を出してます。それに加えて「占いカウンセリング」というのもあります。講座は合計8種類となります。
 「日本では入手困難な占いツールをオリジナルで開発」して講座のおまけにつけてくれるそうですが、「天眼鏡」「サイコロ」「タロットカード」…

  東急ハンズで全部揃いますからっ!残念っ!!

サイコロとタロットなんか同じフロアにありそうだし。
 この占い講座は「実用的な講座」なんだそうです。「合コンやパーティーの席での話題提供など、コミュニケーション方法も学べる"役にたつ" "実用的な"講座です」と。

  これは要するに、「手相を見るのにかこつけて手を握る」とか
  そういう安っぽいテクニックの発展形ですか?

そんなことくらい通信講座で教えられなくても自分で考えて応用しましょうよ、皆さん。

◆東京エムシーカウンセリングセンター
 集合広告の中に載っています。
 例によって「復活愛は登録商標です」とでかでかと掲げていますが、その近くにある他社の広告にも「復活愛」という言葉は平気で使われています。(笑)

◆アイ・プライム
 久々、「ラジュール財布」です。体験談は代わり映えしないんですけど。
 下の方にこんなことが書いてあります。

こんなお財布は金運を下げる!?
お守りなどを入れている:
財布に宿る運気の流れを封じてしまうことがあるそうです。

ふーん…ってことはさぁ。

お守りと似たようなことが期待される「開運の鉱石」を貼り付けたおたくの財布も、運気が封じられちゃうんじゃないのですか?

というわけで、「ラジュール財布を使うと運気が下がる」とアイ・プライムさんは自分で言ってます。反論できるならしてみてね。(笑)

◆コミュニケート
 こちらが売ってます「アストラル・ストーン」は、ディアナ・フォーチュンなる魔女によります「最強魔術」を施されているというのが売りであります。この「最強魔術」は、ごく限られた魔女にしかできないものだと言います。

  「最強魔術」が2万円足らずで通販で買える

この時点で、すでに「ありえない話」です。

◆イセイコーポレーションINC
 新商品「ジュリエット」の登場です。ほんと、よくぞこれだけいろいろ考えつくものだと感心します。体験談はそれほど面白くないので今後に期待。
 「ジュリエット」に使われている鉱石には妙なパワーがあるそうで、実験してみたとされる記述が広告にあります。高温や乾燥に弱い花の鉢植えに「ジュリエット」を置いて過酷な環境に48時間さらしても枯れなかったというのです。瞬時にこう思いました。

  それはすごい!
  砂漠緑化プロジェクトに寄贈してあげたらどうだ?

これで地球環境もひと安心です。
 しかしあれですね…「新発売」なのにもう体験談が殺到しているのはなぜ?(笑)

※余談。
「ソフィア・ビューティーセンター」のダイエット枕「スリープ&スリム」の広告が、何と見開き2ページで登場!でも「効果の秘密はトルマリン」とか言ってる時点でどこの系列かは大体見当がつく。(笑)
イセイコーポレーションINCの広告と、注文に関する部分をよく見比べてみましょう。「何だかよく似てる」と、気付くはず。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.10

mgコンテンツ速報:「月刊ムーの神秘な広告レポート 12月号」

自分のサイトの更新のお知らせなので、カテゴリは「おすすめサイト」です。(笑)
本家からblogに来る人はいくらかいますが、逆がほとんどないのはまずいと思って書くことにしました。

管理人は本家でこんなこと書いてます、という情報です。
ただし、本家ではFONTタグ(今はあまり使っちゃいけないそうな)などバリバリ使って「見た目のインパクト」も重視した作りになっております。こちらは簡易版みたいな感覚でよろしく。
なお注意事項としては、お手元に学研の雑誌「ムー」がないと楽しめない仕掛けになっております。(爆)
それではスタートです。

月刊ムーの神秘な広告レポート/12月号

 もう12月号ですか…よく見るとまた薄くなってるなぁ。大丈夫でしょうか?別のネタ元を開拓し始めた方がいいかな。「恋運暦」とか。(笑)

◆シオン渋谷店
 今月も、万華鏡「悪魔の金探し」の宣伝です。
 遠い目をして写真に写っている「店長」がとても印象的です(キモいとか言ってはいけない(笑))。で、店長の一言。

お金は待っていてもやって来ません。世の中、悪辣な人間が栄えているのを見ればお分かりかと思います。お金は奪うものなのです。

「それはあんたたち自身のことか?」とか言いたくなりますが我慢しましょう。(笑)
 体験談が出ています。「母親がナンバーズで2万円、ロト6で1万円を当てた」のだそうです。

  開運グッズには珍しい、しょぼい当選額です。(笑)

きっと、このくらいなら億単位の当選と違って突っ込まれにくいと踏んだのでしょう。

◆フェニックスパワー研究所
 「交通事故、地震、火事などの災難を避けることができる」「販売力、集客力を大幅にアップし、事業繁栄できる」のだそうです。新潟に300個ほど送ってはどうでしょう。本当ならとても感謝されると思いますが。

◆集合広告
 「催眠気功研究所」さんの催眠術講習会。2日間で他者催眠と自己催眠を両方教えて20万円だそうです。他者催眠、そんなに簡単にマスターできますかねぇ…?
 「かすみの宮本部」さんでは、「超能力を超える神術」を伝授してくれるとか。超能力自体が「超えてる力」なのに、それをさらに超えてどうしようってんでしょう。(笑)
 「禅楽堂」さん。「希望の年齢に若返れる」というサービスを開始しました。じゃあ、「名探偵コナン」みたいに高校生を小学生相当にできます?(笑)

◆ピース・オブ・ライフ
 「二〇〇四年十一月十三日から約半年間、私たちの国日本は『大地の問題に苦しむであろう』」と予言されていたそうですが、

台風連発で地滑りとか、新潟の地震とか、
11月より前からかなり苦しんでますからっ!
残念っ!!

あと、こんなことも言ってますね。

「こうした、人々の恐怖心をあおり、雑誌の部数を上げようだとか、自分のお金儲けにつなげるような、そういう見えすいた人たちに惑わされてはいけません。」

うん。よくわかった。あんたのとこにも気をつけるよ。(笑)ところでヤスコさんはその後どうなった?

◆ADS通信社
 初登場です。「全能の神パルアスの『神の目の刻印』が描かれた」という鏡を88人だけに売るそうです。しかもそれが280年に一度のチャンスだというのです。でも広告には既に7人の体験談が載ってます。てーことは…あと81人しか買えない?そ、それとも、ここに体験が出てるのは、

  280年前の購入者!?(笑)

こういうツッコミをされないように、オカルト商品の世界観はきちんと練り上げましょう。(笑)

◆水晶院
 「活佛開眼天珠ブレスレット」を発売です。
 「本物の価値は天井知らず!天珠1個で外車が買える!!」と書いてあります。どなたかこれを買ったら外車の販売店に行って「このブレスで1台くれ」と言ってみてはどうでしょう。たぶん警察呼ばれると思いますけど。(笑)

伝奇ノベル大賞が休止になったり、ムー系なサイト紹介のコーナーが終わりになったり、内容もしぼみ気味な感じですが、もうしばらく続いてほしいものです。

本物はこちらから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)