2006.06.09

ザ・迷惑メール Vol.220:「総務省」

まずは、5日に配信されていたこんなニュースから。

総務省が情報セキュリティ対策啓発、6月9日に一斉呼びかけ
(Yahoo!ニュース - ITmediaエンタープライズ、6/5)

9日には、「ソフトウェアの更新」「ウイルス対策サービス・ソフトの導入」「パーソナルファイアウォールの利用」という情報セキュリティ対策の基本三原則を実施するよう呼びかける文書と動画を、総務省の「国民のためのセキュリティサイト」およびJAIPAと、JAIPA会員の各ISPのWebサイト上に掲載する。

同時に、ISP各社では加入者に対し、情報セキュリティ対策を推奨する電子メールを送付。このメールには、対策を呼びかける上記ページへのリンクも含まれるという。

JAIPAというのは「日本インターネットプロバイダー協会」です。
これを踏まえて…

管理人は主として@niftyを使っていますが、外で無線LAN(BBモバイルポイント)を使うためにSo-netにも入っています(その方が料金得なので)。そのSo-netから、ついに来ました。

件名:【So-net 】総務省からの『情報セキュリティ対策のお願い』をご案内します

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~ 総務省からの『情報セキュリティ対策のお願い』を掲載開始しました ~

                                2006/06/09
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールは、So-netの接続コース会員とこんてんつコース会員の皆様に
 お送りしています。

ウイルスや不正侵入、迷惑メールやフィッシング詐欺サイトへの誘導など、
インターネットを利用する上でセキュリティへの脅威は日々増大しています。

インターネットセキュリティへの関心の高まりに伴い、このたびSo-netでは、
竹中総務大臣から皆様への「情報セキュリティ対策のお願い」を掲載開始
しました。是非ご覧の上、この機会にパソコンのセキュリティ対策が
万全かどうか、見直してみてはいかがでしょうか。


↓↓『情報セキュリティ対策のお願い』詳細はこちら↓↓
http://(略)

[以下略]

URLのその先のページには、総務大臣名義での「情報セキュリティ対策のお願い」が掲載されていました。
ここまではいいんです。
何とその下には

【総務省からの「情報セキュリティ対策のお願い」はここまでです。以下は、So-netが作成・提供するものです(注)。】

として、「So-netがご提供するセキュリティサービス」なる宣伝が…。
あれ?動画へのリンクはないの?
まあ、文章だけで言わんとするところは充分わかりましたが(既にわかりきってるとも言う)。

引き続き、@niftyからのメールを待とう…かと思いましたが、先にサイトを見てみました。
大臣の顔写真は出てるし動画(WMV形式です)へのリンクも載ってますね。
総務省のロゴもあるし連絡先も書いてある。上とはえらい違い。
そしてこっちもページの後半は「@niftyのおすすめセキュリティ対策サービス」の宣伝。

ちなみに総務省自身で公開しているページは

「情報セキュリティ対策のお願い」
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/security/taisaku/taisaku.html

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総務省装う偽メールに注意 安全対策啓発を悪用の懸念

総務省装う偽メールに注意 安全対策啓発を悪用の懸念
(Yahoo!ニュース - 共同通信、6/8)

総務省は、インターネット接続会社(ISP)経由で、ネットの安全対策を啓発する電子メールを9日に一斉送信すると発表したが、ネット利用者間で「総務省をかたった悪質メールが出回るのでは」との懸念が広がり、同省は「啓発に成り済ましたメールに注意を」と呼び掛けている。

当ブログでもそんな懸念は発表させていただきました。(笑)
ある程度の知識があればすぐに思いつきます。
総務省も最初の発表時にそこまで言っておくべきだったのではないかと思います。
でも、そうすると「悪用に繋がりやすいとわかっているようなものをわざわざ出すな」とか…多分書きますね、管理人なら。(笑)

総務省から一斉送信されるメールは、ウイルスに感染したり、不正アクセスによる情報漏えいなどの被害を最小限に食い止めるため、ネット利用者にセキュリティー対策の重要性を訴える内容。「ニフティ」など主要ISPの会員に対し、メールマガジンの形などで通知し、同省から直接送ることはない。

「ISPを介して」とか何とか書いてあったので、深読みすれば「ああ、ISPが代理で出すんだな」とは推測できます。
でもそこをしっかり強調しておかないと、

「総務省からそんな面倒なメールが来るのか。
じゃあ"soumu.go.jp"をドメイン指定で受信拒否しよう」

と無駄なことを考える人もいるわけです(初回発表を読んだ直後の管理人とか(爆))。

これを書いてる時点ではまだ届いておりませんね…。まあ、人数が人数だから9日中には来なかったりするかも知れません。
プロバイダに委託してやらせるわけだから費用も発生しているはずです。
その費用はもちろん、大臣のポケットマネーではなく、税金です。
こういうとこに突っ込んでくれる野党議員がいたら応援するんだけどなぁ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.03

最大2千万人に一斉メール 総務省がネット安全対策で

最大2千万人に一斉メール 総務省がネット安全対策で
(Yahoo!ニュース - 共同通信、6/3)

総務省は2日、インターネットの情報セキュリティー対策の重要性を訴える電子メールを、主要なネット接続サービスの利用者最大2000万人に対して、9日に一斉送信すると発表した。

国内最大規模の迷惑メールの予告です。(笑)
どの辺が迷惑かと言いますと…

メールを受信した利用者は、記載されているホームページアドレスに接続すると、竹中平蔵総務相が「ソフトウエアの更新」「ウイルス対策ソフトウエアの導入」などの基本原則を守るよう訴える映像が配信される。竹中氏の映像は「政府インターネットテレビ」でも視聴できる。

管理人とこは回線が細くてねぇ…映像なんかまともに見られるかどうかわかりませんよ。
日本全国ブロードバンドってわけじゃないんですからね。そのくらいのことは承知した上でやってほしいものです。
更にこのメールには

・政府機関が
・セキュリティの警告をし
・特定のサイトに誘導する

という、事前に知らなければ「新手のフィッシング詐欺か?」と思いたくなるような条件が揃っています。
と言うか、この前例を元にフィッシング詐欺とか架空請求を企む奴が出てきそうで恐いです。

あと、最大の問題点は「竹中大臣では絵面が楽しくない」ということです。(ぉぃぉぃ)
こういうときは某「ブログの女王」を起用するとかした方が見る方も真剣になるかも知れません。

とりあえず、9日に届いたら「ザ・迷惑メール」シリーズで取り上げます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.04

迷惑メールをまとめた本が出た!「ネット限定恋愛革命 スパムメール大賞」

昨年8月末に「誘惑メール大全集」とか作れるんじゃなかろうかというようなことを書きましたが、同じことを考える人はいるものですね。
ついに出ました、こんな本。

4777802191ネット限定恋愛革命 スパムメール大賞
サエキ けんぞう
辰巳出版 2005-11-30

by G-Tools

当然ですが管理人は何の関与もしてません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

これぞ「その道のプロ」の犯行

ネットライターを逮捕 「ワンクリック詐欺」で
(Yahoo!ニュース - 共同通信、11/7)

岩手県警捜査2課と北上署は7日までに、携帯電話のサイトを利用した「ワンクリック詐欺」で現金を詐取したとして、詐欺の疑いで東京都中野区新井、インターネットジャーナリスト森一矢容疑者(35)ら計5人を逮捕した。
森容疑者はネット犯罪に詳しいライターで、ネット関連の著作があり、現在はネット詐欺などの困り事相談に応じるサイトを主宰している。

…あれ?最近この人の名前を目にしたような気が…あ、先月「ネットで働く「サクラロボ」」で引用したasahi.comのコラムでコメントしてたんだ。

調べでは、森容疑者らは昨年11月、神奈川県内の女性(33)に携帯電話会社から発信されたように装ったメールを送信し、偽のサイトに接続させた上で「有料の契約が登録された」「(未納分を)支払わなければ裁判にする」と表示させるなどして、現金数万円をだまし取った疑い。

いくら手口に精通してるからって自分がやっちゃいけませんね。
こういうことがあると、「他のネット犯罪も自分で仕掛けて記事書いたりしてたんじゃないの?」とか言われちゃいますよ(俗に「マッチポンプ」と言います)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.07.25

次のWindowsは「Vista」

その後、ネッツに吸収されます(トヨタディーラーかよ)。

「Windows Vista」--Windows次期バージョンの正式名称が決定
(CNET Japan、7/25)

Windows次期バージョンの正式名称が「Windows Vista」に決定した。

同社によると、Vistaの最初のベータ版は8月3日までにリリースされる予定だという。ただし、このベータ版は開発者とIT関連のプロフェッショナルをターゲットにしたものになると、Windows製品開発担当ゼネラルマネジャーのBrad Goldbergは説明した。

コードネーム「Longhorn」と呼ばれてたのが製品版では「Vista」となるわけです。
年式に戻してもいいんじゃないかという気がしますけどねぇ。NT系で一本化済んだんだし。
あ、年式はサーバOSで使うか。全くもってややこしい。

管理人が本家サイトでウォッチしてる広告の中に「XPサイエンス」っていう業者があるんですが、来年の秋頃には名前を変えるか廃業するか…。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.06

新「武富士ダンサーズ」はネットCMで テレビから切り替え

新「武富士ダンサーズ」はネットCMで テレビから切り替え
(ITMediaニュース、7/5)

武富士は、「新・武富士ダンサーズ」が出演するCMを、7月8日からネット公開する。消費者金融のテレビCMは、啓発CM以外は放映が難しくなっているため、テレビ以外のプロモーションに切り替える。

確かに、消費者金融のCMと言えばどこもかしこも「ご利用は計画的に」とか「事前に返済プランをご確認ください」などと、借りたい人には耳の痛い話ばかりで見てて面白くないものばかりです。武富士もそういう路線のCMを流してます。
みんなが同じことやってると、差別化できないんですよね。武富士には突出した差別化の素材、武富士ダンサーズがありました。でも今テレビで使うと何を言われるかわかったもんじゃありません。と言うか、許可が取りにくいらしいです。

そんなわけで、

消費者金融のテレビCMは、啓発CM以外で放映許可を取るのが難しいが、「あのダンスがもう一度見たいという声を多くいただいた」(武富士)ため、テレビ以外でプロモーションすることにした。

具体的には

専用Webサイトに、80秒のフルダンス映像や、ダンサーの個人ブログを掲載する。ネットのほか「スターウォーズ エピソード3」「宇宙戦争」で劇場用CMを放映。交通広告や新聞、雑誌広告でもPRしていく。

専用Webサイトの名前はDANCE-CH.TVと、武富士の「た」の字もありません。オープン前のデモ映像には思いっきり「武富士ダンサーズ」と出てきますが。

武富士ダンサーズは1991年に初代を結成。4代目となる今回は、オーディションで選ばれた15人で構成する。振り付け師にはTRFのSAMさん、CHIHARUさん、ETSUさんを起用。ヒップホップの要素を加えた斬新なダンスに仕上げたという。

へー、4代目になるのか…ということより、

TRFがまだ存続していたことに驚き。(ぉぃ)

結構力の入ったプロジェクトになってますね。
ここで、この先を勝手に予測してみます。

・振り付け解説DVDの発売。

ある程度サイトの認知度が上がってくると、「ネットで見ただけじゃ振りが覚えられない」という不満がファンの間に高まってきます。
昔は「あのダンスを学園祭でやりたいのでビデオがあったら送って下さい」という問い合わせがあったとも聞いています。需要は確実に発生します。
それも「TRF監修、ヒップホップ風味」の新バージョン。
出せば売れるでしょう。武富士もいよいよコンテンツビジネス(?)に参入です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ワンクリック詐欺、ソフト開発業者を初の逮捕

ワンクリック詐欺、ソフト開発業者を初の逮捕
(Yahoo!ニュース - 読売新聞、7/6)

アダルトサイトの画面を一度クリックしただけで入会の契約をしたと思わせる「ワンクリックサイト」を利用し、金をだまし取ったとして、京都府警ハイテク犯罪対策室などは6日、サイトのソフトを開発した高松市のコンピューターソフト開発会社経営吉川正行容疑者(38)ら2人を詐欺容疑で逮捕した。

サイトを運営した岡山県倉敷市の会社社長田辺史朗容疑者(34)ら6人(風営法違反容疑で逮捕)も詐欺容疑で再逮捕する方針。府警によると、「ワンクリサイト」のソフト開発業者を逮捕するのは全国で初めて。

とりあえず「ソフト開発に荷担した奴も詐欺の仲間と見なす」という前例を作った点は意味のあることだと思います。

調べによると、田辺、吉川両容疑者らは共謀し、今年2月、サイトにつないだ滋賀県野洲市の会社員(40)ら4人が「利用規約に同意する」をクリックしただけで会員登録が完了したとする虚偽の画面を表示させ、利用料金計17万5000円をだまし取った疑い。

吉川容疑者はソフトを1組約25―50万円で田辺容疑者に計11組販売。田辺容疑者らは1日に数万通のメールを不特定多数に送信し、昨年秋以降、30都道府県の約1000人から計約5000万円を振り込ませていたという。

この田辺容疑者の持ってたサイトだけで1000人が引っかかってたということは、捕まらずに営業中のワンクリック詐欺サイトも含めたら相当な人数が「つい怖くて振り込んじゃった」りしてるんでしょうね。
「ソフトを販売」と書いてありますが、多分サイト丸ごと(メール送信システム込みで)制作請負してたんじゃないかと思います。で、サイト運営側はトンチンカンな文面のメールを考えるのが一番頭を使う仕事。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.19

通信業者さん、何かお忘れでは?

速報ではありませんが、ISDNで日々繋いでいる管理人のぼやきみたいなものを。

光ファイバー普及へ各社四苦八苦 夢の回線伸び悩み
(Yahoo!ニュース - 産経新聞、6/17)

通信各社が高速大容量(ブロードバンド)の光ファイバー回線を利用した家庭用通信サービスの普及に知恵を絞っている。高速インターネットといううたい文句だけでは、現在のADSL(非対称デジタル加入者線)で十分という声もあり、需要喚起が難しいからだ。NTT東日本・西日本では今春から一般電話と同じ番号が使える割安な光IP電話の本格展開に乗り出したほか、ソフトバンクは七月からテレビ視聴を標準セットした新サービスを打ち出すなど、各社の競争が熱を帯びてきた。

ADSLを置き換えようなんて思うから「間に合ってる」と言われてしまうのです。
ADSLが使えない地域にまず普及させようと、なぜ思わないのでしょう。
ええ、もちろん

田舎じゃ採算が合わない

なんてことはわかってますとも。
でもやってくれたら感謝しますよ間違いなく。

何か、「靴を履く習慣がない民族のところにきた2人の靴セールスマン」の話を思い出しました。

一人は「ここでは誰も靴をはいていないので売れる見込みなし」と報告し、
もう一人は「ここでは誰も靴をはいていないので今売り込めばシェアを独占できる」と報告した

とかいう、「解釈のしようでどうにでも考えられる」みたいな。

際限なき値引き競争でくたびれるくらいなら、赤字覚悟で田舎に光を。
それともあれですかね、ライブドアの広域無線LANの方が先に来ちゃいますかね。

ライブドアが公衆無線LANサービスに参入、フジテレビもサービス利用
(Yahoo!ニュース - ロイター、6/15)

提供するのは、公衆無線LANサービス「D‐cubic」。約2カ月の試験サービスを経て、10月1日から商用サービスを始める。山手線圏内の約8割をカバーする地域(接続地点2200カ所)でスタートし、2006年3月までに東京23区(同6200カ所)、同年12月までに関東を中心とした1都8県(同6万カ所)に拡大する。料金は月額525円で、一部サービスは無料で提供する。

正しい関東地方は1都6県なので、これに山梨・長野を加えて…かな?と思いたいところです。
誰ですか、

無線LANでもどうせ田舎は無視だ

なんて夢のないこと言うのは。(--#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.08

大阪市に“飛脚員”77人

電子自治体ほんまかいな?大阪市に“飛脚員”77人
(Yahoo!ニュース - 社会 - 読売新聞、2/8)

大阪市で、本庁と出先機関の連絡文書などの集配をほぼ専門に行う職員が77人おり、年に計約5億8000万円の人件費を支出していることが8日、わかった。

電子メールが一般化し、民間宅配サービスも充実する中、他市は担当者がいても徐々に減らすなどしており、同市は人数、経費とも突出。庁内外のネットワークに接続できるパソコンが少ないことなどから、文書のやり取りは今なお職員同士の“手渡し”が主流で、市民らは「こんなに時代に逆行しながら、本当に財政難を克服する気があるのか」と、あきれている。

庶民感覚からすれば、「そこまで経費割けるんならネットワークの整備とかパソコン購入にあてたらどうか」と思うのですが、そこは哀しき「前例踏襲こそ正義」なお役所体質

人件費は年約8000万円。それでも同課は「電子メールのやり取りが増える中、確かに合理的とは言えないが、個人情報にかかわる書類や公印が入った文書も多く、職員が確実に届けるのが最善」と説明する。

同課ってのは市庁の文書課のことです。そりゃ身内の弁護するよね。「いやー、うちもやりすぎとは思ってるんだけど…」なんて言えるわけがない。しかし、

「最善」まで言うか?

ずいぶんと誇り高きお仕事ですな。国営の郵政事業さえ民営化しようとしてるこのご時世に。

市教委では、市内の11か所に設置している「校園文書逓送事務所」に計66人の職員がおり、約520か所の学校、幼稚園などを巡回。1978年の行政改革で削減した約150人のうち一部を雇用した名残もあるといい、年約5億円の人件費がかかるものの「分厚い教材や草刈り機など、学校への配送品は多種多様。直営の方が外注より効果的」としている。

民間の運送業者が聞いたらあきれますね。配送品が多様だってヤマトも佐川もちゃんと届けますよ。使ったことないの?まさかあんたら、

職員間の私用の荷物もついでに運んでないだろうね?

大阪市は〈電子自治体〉を標ぼうしながら、パソコンのうち、庁内ネットには半分、外部のインターネットなどには2割以下しか接続できない状態。

うーん…それでも電子自治体などと名乗れるとは、ひょっとしたら大阪市では、

市職員の脳に直接ICチップを取り付けて、パソコンなしでデジタル情報通信を実現している

のかも知れません。恐るべしサイバーパンク都市、大阪。(ぉぃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)