« ザ・迷惑メール Vol.227:「山村曜子/米山リカ」完全版 | トップページ | 小泉首相のエアギターパフォーマンス(?) »

2006.06.29

ユリ・ゲラー スプーン曲げ健在です

ユリ・ゲラー スプーン曲げ健在です
(Yahoo!ニュース - デイリースポーツ、6/29)

70年代にブームを巻き起こした超能力者、ユリ・ゲラー(59)の“スプーン曲げ”が久々に復活する。30日からオンエアされる日産自動車のマイレージキャンペーン新TV-CM内で、かつて日本列島を熱狂させた得意技を披露している。

これも一種のレトロのリバイバルってやつでしょうか。
管理人も「超能力ブーム」が起きた時代にはとってもハマった素直な子供でした。
今はトリックで曲げるのが得意技です。(爆)

CMでは「『車の買い替えはまだいいや』と思っている、あなたの気持ちをこのスプーンのように曲げてみましょうか?」とのアナウンスが流れる中、スプーンをグニャリとやる。撮影現場ではスタッフの時計の針を動かすなど特殊な力は衰え知らずだったとか。「私のパワーはより強くなったと思います」と自信満々で撮影を行ったという。

人の気持ちが曲げられるんだったら、彼に日産の顧客リスト(さすがに他社のは入手できないでしょうから)を見せて「買い替えろ!買い替えろ!」と念じてもらえばCM作るより安上がりなんじゃないですか?
あと、「パワーがより強くなった」というなら、せっかくだからテポドンを壊してください。
政府からそういうオファーはありませんでしたか?車の販促なんかしてる場合じゃないですよ。
それともパワーが強くなったっていうのは、

今までより固いスプーンが曲げられるようになった

とか?(笑)

ちなみにネットの百科事典「ウィキペディア」には「ユリ・ゲラー」の項にこんな記述があります。

1964年にイスラエル陸軍に入隊するが、1967年の六日戦争で軽傷を負って除隊。その後ファッションモデルやキャンプ・カウンセラーなどの職を点々とする。

そのキャンプでシンプソン・シュトラング(通称シピ)という少年と知り合ったユリは、奇術の共同研究を始め、友人のパーティーやナイトクラブでの超能力ショーを始めるようになる。だが、そこでの奇術(テレパシー術)があまりに稚拙であったため、ナイトクラブの支配人らから訴えられ、裁判で「今後、イスラエル国内で超能力を冠したショーを行ってはならない」との処分が下される。
2000年、人気ゲーム「ポケットモンスター」のポケモン「ユンゲラー」に自分のイメージを盗用されたとして、任天堂を相手取り6000万ポンド(約101億円)の損害賠償を求める裁判をロサンゼルスの連邦地裁に起こしたが、任天堂側の弁護士の「ユンゲラーは超能力でスプーンを曲げる事が出来るが、このキャラとあなたが似ているなら今ここで超能力でスプーンを曲げてもらえませんか?」との口上に対し実践する事が出来なかったため、訴えを取り下げた。

結構カッコ悪い実績もお持ちのようで。

※「超能力」は心で物質に影響を与えたりする現象なので「心と体」カテゴリを入れました。

|

« ザ・迷惑メール Vol.227:「山村曜子/米山リカ」完全版 | トップページ | 小泉首相のエアギターパフォーマンス(?) »

コメント

日本でのブームが去ってしばらくした頃、ヨーロッパのどこかの国でユリゲラーが詐欺で訴えられたという記事を読んだ記憶がある。TV番組で船の羅針盤の針を超能力で動かすというのをやったんだけど、収録直後に口の中を調べられ、磁石を見つけられてしまった。(羅針盤の針も磁石だから、口の中に隠した磁石をこっそり近づければ動いて当然) それが本当なら、ユリゲラーの超能力なんて全部詐欺だろうな… そんなユリゲラーを使う日産の気が知れない。

投稿: ユリゲラーの超能力なんて全部詐欺 | 2006.07.16 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18852/10725746

この記事へのトラックバック一覧です: ユリ・ゲラー スプーン曲げ健在です:

« ザ・迷惑メール Vol.227:「山村曜子/米山リカ」完全版 | トップページ | 小泉首相のエアギターパフォーマンス(?) »